動画・配信サービス

gotoイベントがオンライン(配信)ライブにも適用!購入方法や対象サービスは?

gotoイベント アイキャッチ

新型コロナウィルス感染拡大以降爆発的に増え、定着してきた感のあるオンライン配信での無観客ライブですが、どうせ見るなら安く見たいと思っていませんか?

たかこ
たかこ
最近配信でのライブ定着してきて増えてるけど少しでも安く見る方法はないかしら?
takuran工場長
takuran工場長
最近一部のライブで「gotoイベント」が適用になったから最大で20%OFFの金額で視聴できるよ!

この記事では2020年11月末から適用が始まり、今後も適用されるライブが多くなるであろう「gotoイベント」が「どのプラットフォームに対応しているのか?」と具体的な購入方法について見ていこうと思います。

自己紹介 画像

gotoイベントとは?

gotoイベント
  • 国の経済政策であるgotoキャンペーンの中の一つ
  • gotoトラベル(旅行)gotoイート(食事)のイベント版
最大割引率20%(2,000円まで)
対象期間2021年1月31日まで(予定)
メリット

  • 最大20%OFFで配信ライブが視聴可能!
  • gotoキャンペーンの登録は不要!
  • チケットサイトから対象ライブのチケットを購入するだけなので手続きも簡単!
デメリット

  • 配信するサービスによって対象が変わるので少しわかりにくい…
  • ファンクラブ対象チケットは対象外…

公式ページ

gotoイベント対象のサービスと実施アーティストは?

gotoイベント

出典:経済産業省 gotoイベント公式ページ

gotoイベントが利用できるサービスは?

さて、どのサービスが対象で、どのサービスが対象外となっているため、いまいち「?」が多い印象のgotoイベント。

多くの配信ライブを手掛けている大手の配信ライブプラットフォームだけに限定して見て見ても、

  • PIA LIVE STREAM (ぴあライブストリーム)
  • Streaming+ (ストリーミングプラス)
  • 楽天TV
  • Stream Pass (ストリームパス)
  • ABEMA PPV (アベマペイパービュー)

と選択肢は多く存在します。

いずれのサービスも対象ライブについては割引後の価格で自動的に購入できますので簡単にかつ安く配信ライブが視聴できます!

しかしながら主催側が申請を行い申請が通ってからのチケットの割引価格での発売となってきますので、すでに発売済みのチケットやイベントには適用されないという点には注意が必要です。

今後対象サイトは増えていく可能性は高いですが、チケットサイトからでは探しにくくわかりにくい傾向が見て取れますので、ライブを行うアーティストのお知らせページから確認した方が確実ですのでアーティストサイトから確認するのが一番安全で確実だと思います。

対象ライブを実施するアーティストは?

では実際にどんなアーティストがgotoイベントの対象ライブを行うのか見ていきましょう。

現在発表されている主だったところでは、

  • EXILE
  • 三代目 J SOUL BROTHERS
  • GENERATIONS
  • 日向坂46
  • ディズニー・オン・クラシック
  • hide(元X JAPANギタリスト トリビュートライブ)

と幅広く適用されています。

これから発売が発表されるライブについては適用される可能性もありますので注意して見ておいた方がいいかもですね。

しかし、ファンクラブイベントやライブは適用対象外となってきますので、注意が必要になります。

並行して行うライブもありますので堅守を間違わないように注意が必要です。

gotoイベント対象チケットの購入方法は?

gotoイベント チケット購入 画像

PIA LIVE STREAMの場合

対象ライブを調べる場合は、チケットぴあのトップページから「goto」と検索をすると特設ページへの「Go toイベントキャンペーン」の特設ページに飛べますのでそちらにgotoイベント対象チケットの一覧が出ますのでそこから選ぶと便利です。

見たいライブを選択していけば、オンラインも対象の場合は割引価格での表示となってきます(しっかり表記出てます)のでそのまま手続きをすれば購入完了となります。

PIA LIVE STREAMについては詳しくまとめたものもありますので気になる方はこちらも参考にして見てください。

PIA LIVE STREAM 概要 アイキャッチ
PIA LIVE STEAM(ぴあライブストリーム)の評判は?画質や口コミ、テレビで見れるの?大手チケット流通会社「ぴあ」が運営するオンラインライブ配信プラットフォーム「PIA LIVE STREAM(ぴあライブストリーム)」のサービス概要・口コミをまとめていました。 配信ライブを見たいけど、どこで見たらいいかわからない方は参考になると思いますので是非読んでみてください!...

Streaming+の場合

Streaming+の場合は現状特設サイトに記載ががなく、検索形式で確認しなければならずとてもわかりにくい仕様となっています。

しかし、Streaming+の場合はチケット購入前に明確に

出典:e+公式HP

画像のような記載がありますので、こちらを参考にすれば問題はなさそうです。

あとは購入するをクリックして手続きを完了すればOKです。

 

Streaming+については詳しくまとめたものもありますので気になる方はこちらも参考にして見てください。

Streaming+ アイキャッチ
Streaming+(ストリーミングプラス)の評判・口コミを徹底調査!画質や音質は?コロナウィルス感染拡大の影響で急増した無観客配信ライブプラットフォームのうちの一つ「Streaming+」についてに概要と評判・口コミについてまとめてみますた。 プラットフォーム選びで迷っている方は是非読んでみてください!...

楽天TVの場合

楽天TVの場合はまず「楽天チケット」の方にアクセスし、

出典:楽天チケットHP

上の画像の場所をクリックすれば対象のイベントが出てきます。

その中で場所の指定がオンライン配信となっているものはgotoイベント対応のオンラインライブとなります。

あらかじめ割引料金での取引となっていますのでそのまま手続きをしていけば購入完了となります。

楽天TVについては詳しくまとめたものもありますので気になる方はこちらも参考にして見てください。

楽天TV アイキャッチ
RakutenTV(楽天TV)の有料配信ライブの評判は?実際の使用感と口コミを調べてみた!サブの配信プラットフォームとして配信されることが多い「楽天TV」は楽天ポイントが貯まるだけではなく他にもすごいことがありました! そんな楽天TVの評判と実際に使用した使用感をまとめてみましたので、配信プラットフォーム選びで迷っているかたは参考にしてみてください!...

StreamPassの場合

Stream Passの場合は下のリンクから入ってスクロールしていくと

対象チケットという欄が現れますので見たいチケットをクリックすれば購入手続き画面になります。

こちらも割引後の価格での取引となりますので、手続きを完了させれば購入完了となります。

Stream passについては詳しくまとめたものもありますので気になる方はこちらも参考にして見てください。

fanstream アイキャッチ
FanStream(ファンストリーム)の特徴と評判は?StreamPass(ストリームパス)とはどう違う?アプリとブラウザなど見る媒体によって名称が変わる配信プラットフォーム『FanStream(ファンストリーム )』『StreamPass(ストリームパス)』の特徴や評判をまとめて見ました。 配信プラットフォーム選びで迷っている方は参考にして見てください!...

ABEMAの場合

ABEMAの場合は下記リンクからアクセスすると、オンラインライブの予定が出ていますのでクリックしていくと、詳細ページに「gotoイベント対象」の記載がありますので、対象ライブの場合はそのまま手続きしていけば購入完了します。

ABEMA
外部リンク
ペイパービュー | 無料動画・人気作品・見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
https://abema.tv/video/genre/payperview
ペイパービューの番組や人気作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

アイコンの状態から確認する方法はありませんので、詳細ページに飛んで確認する方法が一番確実になります。

購入には登録が必要となってきます。

登録はこちらからメールアドレス送信から登録できますので事前に登録しておくといいかもしれません。


gotoイベントを利用してオンラインライブをお手軽料金でみてみよう!

gotoイベント まとめ 画像

ここまでgotoイベントの対象サービスや購入方法について見てきました。

期間限定で現在対象ライブが少ない状態ではありますが、これからいくつかは増えてくると思いますし、簡単にかつ安くライブを視聴できるチャンスとなってきますので、積極的に利用していきたいサービスであることがおわかりいただけたと思います。

オンラインライブが割引になる機会は少ないですので是非この機会に視聴してみるのはいかがでしょうか?

それでは良い配信ライブライフをお送りください!

ABOUT ME
takuran工場長
関東在住33歳の男。 スポーツ量販店に5年間勤務。 営業職に転職するも、職場の人間関係に闇を抱え一時死を意識。友人達の『お前病んでるぞ』という言葉に危機感を感じ、約1年ほどで退職を決意。 このブログでは、自分の失敗談や興味のあるものについての情報を発信していく。 また、月に30冊程度マンガか書籍をたしなむが、実になっているのかは不明。 読んで面白かったものは発信して行こうと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA